21世紀の浄土真宗を考える会2009年03月

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/26(木)
昨日ある方とお話しておりましたら、
「“宿善は待つにあらず、求むるものなり”ですよね?」
と言われました。
私もかつてはそのように思い、他の人にも話しておりましたので、初めて聞いた言葉ではないのですが、重要な問題ですので、考えてみたいと思います。
(こういう疑問を起こすことは大切ですよね)

宿善については、これまでいたる所で何度も議論されておりますので、このようなブログで議論を展開するのは荷が重過ぎますし、議論してもおそらく、過去と同じ展開になると予想されます。
(もともとこのブログは議論するためのブログではございません)
ただ言えることは、先の「宿善は待つにあらず、求むるものなり」という言葉は、親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人のいずれの著作にもありません。
少なくとも私は読んだことがありません。

今日は、「宿善は待つにあらず、求むるものなり」という言葉と同時に使われることが多い蓮如上人の次のお言葉について考えてみたいと思います。

一 「時節到来という事、用心をもしてその上に事の出来候を、時節到来とはいうべし。無用心にて事の出来候を時節到来とはいわぬ事なり。聴聞を心がけての上の宿善・無宿善ともいう事なり。ただ信心を聞くにきわまる事なる」よし、仰せのよしに候。
(蓮如上人御一代記聞書105or106)

普通はここで「時節到来」に譬えられているのは、「信心獲得」「宿善開発」のことだと思います。
次の「用心をもしてその上の」に当たるのが「聴聞を心がけての上の」に当たるのだろうと思います。
そして次の「事の出来候」は、やはり「信心獲得」「宿善開発」のことだと思います。
最初の文はこれで何となく意味が通る気がします。

最初の一文は「信心獲得というのは、聴聞を心がけての上で、信心獲得することを、宿善開発というのだ」という意味になります。

次の文「無用心にて事の出来候」にまいりましょう。
「無用心にて」の意味は、第1文から類推しますと「聴聞を心がけないで・・・」といった意味になるでしょう。
すると次の「事の出来候」はどういう意味なんだろう?
素朴な疑問が生じます。

もう一度まとめて言いますと、
第1文の意味を
「真剣に聴聞していったら、宿善が厚くなって、信心獲得する」ととった場合、
第2文は
「真剣に聴聞しなかったら、・・・・・・・・、信心獲得する」
といった具合に、意味をなさなくなるのです。さらに「『事の出来候』を時節到来とはいわぬことなり」と続きますから、「『真剣に聴聞しなかったら・・・信心獲得する』を信心獲得とはいわないのだ」という意味になり、さらに意味をなさない文章となります。

そもそも、ここでは宿善・無宿善ということが語られているのですから、第1文の意味をさらに修正して
「真剣に聴聞していったら、無宿善の人も、宿善が有るようになって?、信心獲得する」
とでもすべきかもしれません。
いずれにせよ、第2文の意味は分かりません。

もう一度蓮如上人のお言葉をよく読んでみましょう。
ここで話題になっていることは
1.時節到来ということ
2.宿善・無宿善ということ
3.ただ信心を聞くにきわまるということ
の3つです。
はたして、この3つは無関係なことなのでしょうか?

大胆な意訳かもしれませんが、次のようには読めませんでしょうか?

「宿善・無宿善」ということは、私・貴方が信心獲得したいという気持ちが起きて、仏法を聞きたいと心がかかって始めて問題になるのです。
全く仏法とご縁の無い時は、信心獲得したいという気持ちが起きるはずがありませんから、「仏法を聞きたい」とも「仏法を聞きたくない」とも思いませんので、そもそも「宿善・無宿善」ということは問題にならないのです。
信心獲得したい、聞き抜きたいとい気持ちが起きるかどうか、それが「宿善・無宿善」ということなのです。
ただ信心獲得は聴聞(弥陀の本願を聞く)一つです。

(上記の意味では、宿善を求めるものという意味にはならないですね)
スポンサーサイト

タグ : 宿善 時節到来

2009/03/25(水)
「御文章の読み方」などというものはありませんが、ある一つの言葉に注目して読まれてもよろしいですね。
「信心」「一念」「雑行」などなど

たとえば、「なにのやうもなく」「やうもなく」という言葉が80通の内、どの御文に出てくるかといいますと、

1帖目第7通  弥生なかば
2帖目第7通  五戒・易往
2帖目第8通  本師本仏
2帖目第9通  忠臣貞女・外典
2帖目第13通 御袖
2帖目第14通 秘事法門
3帖目第1通  摂取と光明
3帖目第2通  如説修行・成仏
3帖目第3通  川尻性光
3帖目第10通 神明六か条
5帖目第3通  在家の尼入道
5帖目第11通 御正忌
5帖目第12通 御袖すがり
5帖目第15通 それ弥陀如来
5帖目第17通 それ一切の女人
5帖目第18通 当流聖人
5帖目第21通 当流安心・経釈明文
5帖目第22通 当流勧化

2箇所書かれている御文もありますが、全部で20箇所(18通)あります。
(数え間違いをしているかもしれませんがご了承下さい)
かなり多いですね。
この「なにのやうもなく」「やうもなく」の意味はどういう意味でしょうね?
考えてみて下さい。

このうち2帖目第9通「忠臣貞女・外典」などはよく読まれると思いますが、一部ではなく全部をきちんと読んでみましょう。
通常、あまり読まれないと思われる部分を逆に太字にしてみました。

御文章2帖目第9通 忠臣貞女・外典
 そもそも、阿弥陀如来をたのみたてまつるについて、自余の万善万行をば、すでに雑行となづけてきらへるそのこころはいかんぞなれば、それ弥陀仏の誓ひましますやうは、一心一向にわれをたのまん衆生をば、いかなる罪ふかき機なりとも、すくひたまはんといへる大願なり。
 しかれば一心一向といふは、阿弥陀仏において、二仏をならべざるこころなり。このゆゑに人間においても、まづ主をばひとりならではたのまぬ道理なり。
 されば外典のことばにいはく、「忠臣は二君につかへず、貞女は二夫をならべず」といへり。
 阿弥陀如来は三世諸仏のためには本師師匠なれば、その師匠の仏をたのまんには、いかでか弟子の諸仏のこれをよろこびたまはざるべきや。このいはれをもつてよくよくこころうべし。
 さて南無阿弥陀仏といへる行体には、一切の諸神・諸仏・菩薩も、そのほか万善万行も、ことごとくみなこもれるがゆゑに、なにの不足ありてか、諸行諸善にこころをとどむべきや。
 すでに南無阿弥陀仏といへる名号は、万善万行の総体なれば、いよいよたのもしきなり。
 これによりて、その阿弥陀如来をば、なにとたのみ、なにと信じて、かの極楽往生をとぐべきぞなれば、なにのやうもなく、ただわが身は極悪深重のあさましきものなれば、地獄ならではおもむくべきかたもなき身なるを、かたじけなくも弥陀如来ひとりたすけんといふ誓願をおこしたまへりとふかく信じて、一念帰命の信心をおこせば、まことに宿善の開発にもよほされて、仏智より他力の信心をあたへたまふがゆゑに、仏心と凡心とひとつになるところをさして、信心獲得の行者とはいふなり。
 このうへには「ただねてもおきてもへだてなく念仏をとなへて、大悲弘誓の御恩をふかく報謝すべきばかりなり」とこころうべきものなり。
 あなかしこ、あなかしこ。
 ○文明六歳三月十七日これを書く。

※太字にしなかったところを読むなとか、読まない方がいいという意味ではありませんので、勘違いしないで下さいね。
2009/03/24(火)
問:なぜ救われないのでしょうか?
答:阿弥陀仏の本願=平生業成の教えを聞いていないからです。
問:どういうことですか?
答:平生業成とは平生に業事成弁するということです。
   平生=一念=今ですから、一念で信心決定する・今救われる
   ということです。
   (業事とは往生の業事ということ)
   その平生業成の教えを聞いていないからです。
問:私は平生業成の教えを聞いていますが…
答:信心決定をたとえ1秒でも未来へ延ばしていれば、平生業成とは
   なりません。
   信心決定を「目的」として未来に想定している教えは親鸞聖人の教え
   ではないのです。
   未来に目的を置く以上「今」=「一念」に焦点を当てたときに、
   矛盾をきたしますから、 一念の抜けた教えとなり、平生業成でき
   ません。それは浄土真宗ではないということになります。
2009/03/23(月)
長らく更新していませんでしたので、近藤は生きているのか死んでいるのか、と思った人もおられるかもしれません。
通信環境が悪く、ウィルコムのD4しか使えないので、近視かつ老眼の私には厳しくなってきております。(そのうちPC環境は改善する予定です)

1月からご縁のある方々とお話しておりますが、もう少し親鸞聖人や蓮如上人の書かれたお聖教をきちんと読まれたらいいのにと感じることしばしばです。
このブログに立ち寄られた皆さんには、少なくとも蓮如上人の御文章を部分的にではなく、通してしっかりと拝読なされることをお薦めいたします。
勤行の時にしていますが…と言われるかもしれませんが、それとは別に、机に向かってでも御仏壇に向かってでもいいですから、読まれてはいかがでしょうか。
たとえば、2帖目第11通「五重の義」などは勘違いしておられる人が多いように感じます。
ここを勘違いしていますと、「往生は叶うべからず」ですから。

ところで、まもなく大学の入学式の季節ですが、4月7日は私の母校である京都大学の入学式なので、見学に行く予定です。(勧誘ではありませんよ←当たり前ですね)
見かけたら声をかけてください。

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。