小問答 その1

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/16(金)
ありそうで、なさそうで
でも、やっぱりありそうな会話。

X:近藤、お前信心決定したそうだな。
私:はい、信心決定しましたよ。
Y:いつしたの?
私:はぁぁぁぁぁ?今何を聞かれたんですかぁ?
  何を聞いたか分ってるんですかぁ?
  親鸞聖人や蓮如上人もそんなことどこにも
  おっしゃっていないでしょ。
  そういうことを聞きたがるのを迷っているって
  言うんですよ。
  難しく言うと、一念覚知の異安心って言うん
  です。
Z:そんなに簡単に信心決定できるのか?
私:いつ簡単に信心決定できるなんて言いましたか?
  泣き泣き求めた人に、信心決定したということが
  あるんですよ。
  泣き泣き求めた「から」ではないですよ。
  分っておられるでしょうけど。
Z:どうすれば、信心決定できるの?
私:これこれこういうことをしたら信心決定できる
  ということは間違い。
  信心決定するには信心決定しなければなりま
  せん。
  日本語になっていないですけど、自力は一切間に
  合いませんので、こういう言い方になります。
  自力を捨てて他力に入るということですね。
X:なんかお前が言っていることを聞くと、やっぱり
  例の「安心問答」を読んで信心決定したとかなん
  とかという噂があるけど、どうなんだ。
  (文法めちゃくちゃだけど、会話ですので勘弁)
私:(えらく、Xさん高圧的だけど、そんなに信心決
  定したことが悪いことなのかなぁ。まぁいいや)
  えっとですね。
  さっきも言いましたように、○○を読んでとか
  □□で(所属や場所)とかじゃないんですよ。
  阿弥陀仏に救い摂られるんですよ。
  ただ、それだけですよ。
  でも「安心問答」はいいブログですから、Xさん
  こっそり読んで下さい。
 (「こっそり」って本当は必要ないんだけどなぁ)
  匿名ですから質問してもいいんじゃないですか。
X:分った。それはもういい。
  それで、お前、例の京都のなんとか会と関係ある
  のか?
私:えっ?
  そりゃ、同じ日本に住んでますし、平成の時代に
  生きてますし、浄土真宗って看板掲げてますし…
X:そういうことじゃない!
私:ん?
  だ・か・らぁー
  関係無いといえば無いし、有るといえば有る。
  私とXさんだって関係無いといえば無いし、
  有るといえば有るでしょ?
  (本当は関係持ちたくないんだけど…)
   ↑これ煩悩ね
X:なんとか会に行っているかどうか聞いてるんだ。
私:ああ、そういうことね。
  それならそうと初めから言って下さいよ。

  大事なことは最初に言わないと…
  後出しはだめですよー

  では、お答えします。(あらたまって)
  今までは一度も行ったことはありません。
  でも今後も行かないとは言えません。
X:んん?どういうことだ。
私:たとえばね、Xさん。あなただって、昔
  京都の本願寺に何度も行ったことあるでしょ?
  キリスト教の教会にも行ったことあるでしょ?
  奈良の大仏だって観光で行ったことあるでしょ?
  浅草の東本願寺にも行ったことあるでしょ?
  (まてよ、もしかしてないかも?まぁいいや)
  「行く」ってそういうことで、真実信心を求めて
  とは限らないでしょ?
  私も以前、取材で天理教の本山へ行ったことあり
  ますよ。
  そういう指示をされましたので。
X:……

To be continued

なお、この会話は完全なフィクションとは言えず、
実在の人物・団体・事件と関係あるかどうかは、
読者のご想像にお任せします。
著作権、人格権、名誉毀損については以下を参照
http://q.hatena.ne.jp/1143815271

スポンサーサイト
この記事へのコメント
近藤先生にはお世話になりました。

きっと実際の問答だと思いますが、私は近藤先生のお答えよりむしろ、質問されている方の態度とその内容のほうに少し驚いてしまいました。

近藤先生もきっとそんな相手の方の心を見抜いているから、このような答え方をされているのではないかと思います。私も近藤先生から、上の問答にあることを直接お聞きしたことがありますが、決してこのような答え方ではありませんでしたし、親切丁寧に教えてくださいました。(そのお答えは上で答えられているものと少しも矛盾するものではありませんでした。)

相手に応じてということだと思います。ですから、これを読まれても思うところがあれば、直接聞かれたらいいと思います。

仏法の事に関してなら、所属とかにこだわらず誰にでもどんどん尋ねていいのではないでしょうか。説いておられる方も、本当の浄土真宗なら、そういうお気持ちで布教しておられると思います。私も聞きたいことがあったらまたお尋ねしようと思っています。
2009/01/18(日) 16:36 | URL | ゆいか #VkVTiyLo[ 編集]
ゆいか様

はじめまして

確かに仏教の話は、対機ですので、相手によって、変わってきます。
(根本が変わったら大事ですが)
「小問答 その1」につっけんどんな印象を持たれた方も多いと思いますが、それは私の文章力の無さ及び不徳のいたす所と反省しております。

なお、会話中のXYZは、私より長く仏教を聞いている人、つまり「先輩」を想定して書いております。
2009/01/18(日) 18:10 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。