念仏は大行ではないのでしょうか

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/15(火)
歎異抄をひらく』を読んだ感想の一つです。
歎異抄第8章について書かれた、第2部『歎異抄』の解説(14)に次の文章があります。

 まさに、信心も念仏も、弥陀より賜る大信心であり、大行なのである。
 南無阿弥陀仏の大功徳が耳から攬入し、全身を貫き口に溢れて、南無阿弥陀仏の大宝海にかえるのだ。
 嬉しい思いも、寂しい心も、頼りにせず、障りにもならぬ。“信に信功をみず、行に行功をみず”、信行ともに、不可思議の願海に帰入するのである。
 信ずる心も称える心も、みな南無阿弥陀仏の独り働きとなり、私をして動かすものであり、私は動かされているだけなのだ。
 聖人の教えを「絶対他力」と言われる所以である。
(240-241頁)

間違いだとは言いません。
しかし、なぜ「信ずる心も称えるも」なのかという疑問が起きるのです。
信ずる心と称える心だと、ともに「心」で同じではないですか。
その前の文章で「信心も念仏も、弥陀より賜る大信心であり、大行なのである」「信行ともに、不可思議の願海に帰入するのである」と書かれているのに、なぜ「信ずる心も称える念仏も」と書けないのか。
念仏という「行」を軽んじている表れだと思います。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
 恐らく、同じ言葉遣いを避けるようにと配慮したか、行が抜けているかのどちらかでしょう。
 1:9で後者のような気がします(笑)
 それにしても、称名念仏に関してはいろいろ危ういくせに、献金と人集めになると力が入る人ですね。
2009/09/15(火) 16:07 | URL | カウフマン #3fP8K/.I[ 編集]
「耳から攬入し」

とは、なんだか変な表現ですね。
まあ、それはさておき、

「耳に聞き」とくれば
「口に誦する」とくるのが自然ですね。

参考:
ここをもって耳に聞き口に誦するに、無辺の聖徳、識心に攬入す。(行巻)


P.S. 識心とは全身のこと??
2009/09/16(水) 21:52 | URL | #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。