不可称・不可説・不可思議 といふこと

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/24(木)
親鸞聖人は「不可称・不可説・不可思議」という言葉をよく使っておられます。(順番は変わることがあります)
このうち、
不可説は「説くことができない」
不可思議は「思議することができない、思議が及ばない」
という意味であることは、すぐ分かるのですが、
不可称とはどんな意味でしょうか。
これを「言うことができない」と説明する人もいますが、これには難があります。
①そもそも、言っている。
②詳しく言うという意味ならば、不可説との区別がない。

不可称の「称」には2つの意味があります。
①称量 「はかる」という意味です。
②称揚 「ほめる」という意味です。


不可称とは「はかることができない、はかりしれない」「ほめることができない、ほめ尽せない」という意味なのです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。