疑心あることなし

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/25(金)
「聞」といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、
これを聞といふなり。
(親鸞聖人)


「仏願の生起本末」については以前書きましたので、今日は「疑心あることなし」についてです。
これを「疑いの心が全く無くなった」と解釈するのも一概に間違いとは言えないのですが、よくよく親鸞聖人のお言葉を読んでみると、「疑いの心が無い」と書かれています。
つまり“「疑心」という物があったのだが、それが無くなった、これが聞である”という言い方もできなくはないのですが、それよりも“「疑心」が無いのが聞なんだよ”と仰っていると言った方が正確なんですね。
聞いて疑いが無くなるのというよりも、疑いが無いのが聞なのですね。
(疑いが無くなるというのが間違いと言っているのではないですよ)
さらに言うと、
疑いの無い法(南無阿弥陀仏)を聞かせて頂くから、疑いが無いのです。

弥陀のお慈悲を聞いてみりゃ
聞くより先のお助けよ
聞くに用事はさらにない
用事なければ聞くばかり

お軽同行)
スポンサーサイト

タグ : 疑心 お軽

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。