六要鈔

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/29(火)
浄土真宗の方で知らない人は少ないと思いますが、
六要鈔存覚上人の著作です。
六要鈔』全6巻(または10巻)は教行信証の最初の註釈書です。
これに、円爾師が教行信証の本文と合わせて作成したのが、
六要鈔会本』全10巻です。


六要鈔』は『真宗聖教全書 二 宗祖部』(大八木興文堂)に載っております。
また、現代語訳が『和訳 教行信証六要鈔として国書刊行会から柳彰弘著で出ております。
深川倫雄師の六要鈔ノート』(永田文昌堂)という本もありますが、入手は難しいようです。
(残念ながら私の手許にはありません)

『和訳 教行信証六要鈔』はこれです。(表紙の見開きの写真)↓和訳 教行信証六要鈔
『円爾 六要鈔会本』はこれです。↓六要鈔会本


なお、大谷派の西覚寺さんがHPにてテキストを載せておられます。
http://www.biwa.ne.jp/~takahara/shoka_0.htm
スポンサーサイト

タグ : 存覚上人 六要鈔

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。