唯信鈔文意と歎異抄を読む 2

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/01(木)
唯信鈔文意の第2章 法照禅師の『浄土五会念仏略法事儀讃』巻本中漢讃4句の2番目の句です。
この句については、2箇所に書かれています。その1箇所目です。

【原文】
 「十方世界普流行」といふは、「普」はあまねく、ひろく、きはなしといふ。「流行」は十方微塵世界にあまねくひろまりて、すすめ行ぜしめたまふなり。しかれば大小の聖人・善悪の凡夫、みなともに自力の智慧をもつては大涅槃にいたることなければ、無碍光仏の御かたちは、智慧のひかりにてましますゆゑに、この仏の智願海にすすめ入れたまふなり。一切諸仏の智慧をあつめたまへる御かたちなり。光明は智慧なりとしるべしとなり。
註釈版聖典 700頁

【現代語訳】(浄土真宗聖典 現代語版より)
 「十方世界普流行」というのは、「普」はあまねく、ひろく、果てしないということである。「流行」とは、数限りないすべての世界のすみずみまで広く行きわたり、南無阿弥陀仏の名号を勧め、念仏させてくださるのである。そのようなわけで、大乗・小乗の聖人も、善人・悪人すべての凡夫も、みな自力の智慧では大いなるさとりに至ることがなく、無礙光仏のおすがたは智慧の光でいらっしゃるから、この仏の智慧からおこった本願の海に入ることをお勧めになるのである。無礙光仏はすべての仏がたの智慧を集めたおすがたなのである。その光明は智慧であると心得なさいというのである。

【補足】
唯信鈔文意を読む時は、唯信鈔の該当箇所を読まれた方がいいと思います。
この場合は(註釈版聖典 1340-1341頁)です。
阿弥陀仏の十二光でいえば「無辺光」「無礙光」にあたりましょうか。
善悪の凡夫が等しく救われる教えであることが分かります。
問題は私が「大乗・小乗の聖人、善人・悪人」のいずれであるかということではなく、「自力の智慧では大いなるさとりに至ることがない」ということなのです。
歎異抄で言えば、
弥陀の本願には、老少・善悪のひとをえらばれず、ただ信心を要とすとしるべし。
なのです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。