梯 實圓師の著作

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/01(木)
私は梯 實圓師の本だけを読んでいるのではありませんが、前回の記事にも書きましたように、梯師の著作物は読まれたらよろしいでしょう。

次の著作物は私が把握しているものの一覧です。
他にもあるでしょうが、分かりません。
皆さん、求められる時に、参考にして下さい。
◎は上級、いわゆる論文です。
○はその他です。

お薦めは全部ですが、比較的入手しやすいと思われるものの中で、
・『聖典セミナー』の4冊
・『本願のこころ』
・『精読・仏教の言葉 親鸞』

をあげておきます。

下記の書籍以外に、
・季刊「せいてん」
・季刊「一味」(編集発行人が梯 實圓師です)
・月刊「大法輪」
・「真宗学」
などに寄稿しておられます。
このうち、「大法輪」のものは「浄土真宗Q&A」で、現在は「悪人正機について」です。

なお、「聖典による学び 梯實圓和上」もご覧下さい。
このサイトには、いつもお世話になっております。
この場を借りまして、お礼申し上げます。

☆私の手許にあるもの
【著作】
◎一念多念文意講讃(永田文昌堂)
◎顕浄土方便化身土文類講讃(永田文昌堂)
◎教行信証の宗教構造 真宗教義体系(永田文昌堂)
○白道をゆく 善導大師の生涯と信仰(永田文昌堂)
○聖典セミナー 教行信証[教行の巻](本願寺出版社)
○聖典セミナー 教行信証[信の巻](本願寺出版社)
○聖典セミナー 観無量寿経(本願寺出版社)
○聖典セミナー 歎異抄(本願寺出版社)
○真俗二諦(本願寺出版社)
○歎異抄 現代語訳付き(本願寺出版社)
○本願のこころ 『尊号真像銘文』を読む(法蔵館)
○妙好人のことば(法蔵館)
○精読・仏教の言葉 親鸞(大法輪閣)
○親鸞聖人の信心と念仏(自照社出版)

【共著】(共著といいましても、文章自体は個別です)
○親鸞聖人と承元の法難(自照社出版)
○正信偈のこころ(自照社出版)
○お念仏のこころ(自照社出版)
○ご本願のすくい(自照社出版)
○如来のよび声に気づく(自照社出版)
○歎異抄のあじわい(自照社出版)
○「ただ念仏」に聞く(自照社出版)
○親鸞聖人のご信心をおもう 恵信尼さまのお手紙より(自照社出版)
○仏・法・僧をうやまって生きる(自照社出版)
○念仏と流罪 承元の法難と親鸞聖人(本願寺出版社)

【CD】(すねいる)
○浄土真宗法話 聖典法話 正信偈講話 源空章八句 2枚
○私の浄土真宗 歎異抄に探る 遇法のよろこび 第九条
○私の浄土真宗 歎異抄に探る 信のよろこび 第八条、第十条
○佛説観無量寿経に遇う CD24枚

★持っていないもの

◎玄義分抄講述 ― 幸西大徳の浄土教
◎法然教学の研究
◎浄土教学の諸問題 〈上・下巻〉
○蓮如 その生涯の軌跡
○蓮如上人とともに 法話集
○蓮如上人 ― その教えと生涯に学ぶ
○お念仏はひとつご信心もひとつ
○仏の願いに遇う
○生かされて生きるいのち
○今をよろこべる心
○光をかかげて
○花と詩と念仏

※多人数による書籍(例:親鸞と歎異抄入門 大法輪閣刊など)への寄稿や、
 監修(例:新編 現代真宗 法話集 法蔵館刊など)もあると思いますが、
 省略します。
スポンサーサイト

タグ : 梯實圓

この記事へのコメント
『法然教学の研究』の研究はお奨めです。

親鸞聖人の教えがまさしく法然上人の教えを継承したものであることが明らかにされており、
法然上人の著述を一冊も読ま(め)ずに「法然上人と親鸞聖人の教えの違い」などと、
身の程知らずの論を展開している輩の、バカ野郎加減が大変よくわかる名著です。
2009/10/01(木) 21:37 | URL | 苦笑(本人) #-[ 編集]
これ、手に入れたいんですけど、なかなかないんですね。
「玄義分抄講述 ― 幸西大徳の浄土教」も同じです。
気長に古書を探しております。
図書館が充実しているところがうらやましいですね。
2009/10/01(木) 21:52 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
『法然教学の研究』、これは名著ですね。
覚師、蓮師のように展開された立場での教学でなく、御開山の原点を窺わせますね。
御開山の教学は御開山のところで理解したい、という場合には最適の著書でしょう。

『玄義分抄講述-幸西大徳の浄土教』、法然聖人の行を強調した教学から、御開山の信心正因説へのミッシングリンクを埋める著書だと思います。信心は大乗広智という仏心と冥会するからよく往生之の正因となる、なんて信心正因説の萌芽ですよ。隠顕という論理も使用されておられますね。
そういえば、『教行証文類』を『教行信証』と行の中の信を強調した覚師も幸西大徳系の教学を学んだとされていますね。
覚師、蓮師の「信因称報説」の御教化も有難いのですが、御開山の思想は雄大なので、変に限定してしまうと誤解する人たちが出てきてしまうんでしょうね。
2009/10/02(金) 01:02 | URL | 林遊@なんまんだぶつ #n53L/O22[ 編集]
しばらくは、他の著作をじっくりと勉強します。
名著は復刻してもらいたいですね。
2009/10/02(金) 05:40 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
速報

「法然教学の研究」谷書店(古書)京都・15000
「玄義分抄講述」谷書店(古書)京都・25000

古書ですが両書とも良質です。品切れの本なので、もともとの定価より高値になっているそうです。
私は中を見て、ここまでの研究には手を出さないことにしました。
よって、情報だけ提供します。
2009/10/02(金) 11:23 | URL | F #-[ 編集]
情報ありがとうございました。
2009/10/02(金) 12:13 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
梯師の著作について、谷書店に注文する権利ですが、今日一日は、近藤さんに差し上げたいです。
他の方は、明日以降または近藤さんが権利放棄を表明された後にどうぞ。
なにせ近藤さんのブログなのですから。
2009/10/02(金) 12:21 | URL | F #-[ 編集]
ありがとうございます。
谷書店さんに電話して、キープ(購入予約)させていただきました。
重ねて御礼申し上げます。
2009/10/02(金) 12:42 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
おお!どちらも私が購入した時(発売時)より大分値上がりしているようですね。

仏教書は、見つかった時に買って置かないと、二度と手に入らなくなってしまったりしますので、
「欲しい」と思ったら、多少無理してでも買うべきでしょうね。

ちょっと高くても、ショウモナイ箱物にお金をつぎ込むよりは、遥かに安くて有意義でしょうしね。
2009/10/02(金) 16:15 | URL | 苦笑(本人) #-[ 編集]
はい。
Fさんのおかげで手に入れることができそうです。
本当に感謝しています。
仏教書に対しては、苦笑さんの言われるように心がけています。
チャンスを逃すと入手できませんからね。
2009/10/02(金) 16:44 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。