因果経って?

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/09(金)
浄土真宗親鸞会の「教学聖典」では出典が因果経となっている、有名な言葉に
「経言 欲知過去因 当観現在果 欲知未来果 当観現在因」
(経にいはく 過去の因を知らんと欲すれば まさに現在の果を観るべし 未来の果を知らんと欲すれば まさに現在の因を観るべし)

がありますが、これは『法苑珠林』という7世紀に中国でできた本に出ている言葉です。
この中の「経にいはく」とある「経」は不明であり、経典の確かな根拠はありません。
なお、教学聖典にある「汝ら」という言葉は、『法苑珠林』にもありません。
文の内容をどうのこうのと言っているのではありません。
お間違いのないようお願いします。


〈参照〉
法苑珠林とは(オンライン版 仏教辞典 WikiDharma より)
 道世撰。百巻。大正 五十三巻。唐の668年(総章元)撰。
 本書は諸経論におけるあらゆる事項を類別して集成したもので、
 仏教の大百科辞典である。
 また中国仏教資料としても重要である。
スポンサーサイト

タグ : 因果経

この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/20(木) 13:49 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。