「初心不可忘」と「わたしを断罪せよ」

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/22(木)
世阿弥の「初心忘るべからず」という言葉はあまりにも有名です。
同時に、意味を間違って受け取られている言葉としても有名です。
「スタートした時の新鮮な気持ち、決意を忘れず進みなさい」といった意味は間違いであり、
「常に未熟な己を凝視し、反省し、向上しなさい」といった意味になります。
(実際はこんなおおざっぱ説明ではいけないかもしれません。詳しくは専門書を調べて下さい)
大学1年生の時にはじめて知って、目からウロコが落ちた思いをしました。

【世阿弥「花鏡」の最後のところ】
「奥の段」
しかれば、当流に万能一徳の一句あり。
 初心不可忘。(しょしんわするべからず)
この句、三ヶ条の口伝あり。
 是非初心不可忘。
 時々初心不可忘。
 老後初心不可忘。
この三つ、よくよく口伝すべし。
一、是非初心を忘るべからずとは、若年の初心を忘れずして身に持ちてあれば、老後にさまざまの徳あり。「前々の非を知るを、後々の是とす」と言へり。
一、時々の初心を忘るべからずとは、これは、初心より、年盛りの頃、老後に至るまで、その自分自分の芸曲の、似合ひたる風体をたしなみしは、時々の初心なり。されば、その時々の風儀をし捨てし捨て忘るれば、今の当体の風儀をならでは身に持たず。過ぎし方の一体一体を、今当芸にみな一能曲に持てば、十体にわたりて、能数尽きず。その時々にありし風体は、時々の初心なり。
それを当芸に一度に持つは、時々の初心を忘れぬにてはなしや。
一、老後の初心を忘るべからずとは、命には終りあり、能には果てあるべからず

http://kuzukiria.blog114.fc2.com/blog-entry-23.html
http://www.geocities.jp/michio_nozawa/episode38.html
などを参照しました。
(この中にウィキペディアの「世阿弥」も参照されています)

さて、誰にでもスタートがあります。
ちなみに、この会は1月5日にスタートしました。
多くの「激励」や「叱咤」を頂戴しました。
お言葉を頂くたびに、たとえどんなに立派な「理念」「理想」などを掲げていても、己の未熟さを忘れ、自惚れてはいけないと、自戒しています。

10年ほど前に買って、いまだに手元に置いている本に「上、三年にして下を知り 下、三日にして上を知る リーダーは自分の器量に責任を持て」(吉田貞雄著 ダイヤモンド社)というビジネス書があります。
この中の一節を引用させて頂きます。(p30)

恐ろしいのは、過去の栄光に酔い、昔のことしか頭になく、まったく先が見えなくなる”経営硬化症”である。
転換期の経営の要になるのは、一にも二にもリーダーである。「死にかかった魚は頭から腐っていく」である。

私の好きな本としてご紹介してもよかったのですが、浄土真宗はビジネスではありませんし、私も「リーダー」ではなく、単に「代表」(今のところ数人の)ですので、いたずらに誤解されてもいやですから、ここで簡単に推薦しておきます。

「初心忘るべからず」

本当に忘れてはならないと思っております。

そこで例によって岡林信康です。
「わたしを断罪せよ」は岡林信康の最初のアルバムで1969年に出ました。
一番最後に収録曲を紹介しておきますが、皆さんも聞いたことのある曲も多いと思います。
(聞いたことのない人は、一度は聞いてみて下さい)
この中の「それで自由になったのかい」の説明として彼が書いている文章を引用します。
(歌詞ではないですよ)

これは組合活動家に対する批判の歌ではない。資本主義否定という場合、そこには資本主義に育てられた、一番資本主義的な自己に対する否定のない反体制運動は、知らないうちに体制奉仕にすり変わると思う。自分自身の中にそういう危険性を僕は感じる。一部の自称左翼的組合活動家を通して、自分自身に対する警告としてこの歌を創った。(強調は近藤によるものです)

また、難しくなってしまいました。
すみません。
今回の記事は、自分自身への言葉ですので、お許し下さい。

「わたしを断罪せよ」
岡林信康フォーク・アルバム第1集
SIDE1
1.今日をこえて
2.ランブリング・ボーイ
3.モズが枯木で
4.お父帰れや
5.山谷ブルース
SIDE2
1.カム・トゥ・マイ・ベッド・サイド
2.手紙
3.戦争の親玉
4.それで自由になったのかい
5.友よ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。