観無量寿経のこころ その2 散善

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/14(水)
次に散善について述べます。
過去の記事は「観無量寿経 覚書 その7」です。

散善は「発起序」中の「散善顕行縁」と「九品段」に説かれています。
「三福」については、ここなどをご覧下さい。

定善と散善について、善導大師は『観経疏 玄義分』に
定善の一門は韋提の致請にして、散善の一門はこれ仏の自説なり。
と書かれています。
定善は韋提希の請によって説かれましたが、散善は釈尊の自説です。
(唯請定善・自開散善、散善は不請の法)
定善ができる人となると限られていますので、凡夫のために自ら説かれたのが散善なのです。
その散善も
仏、韋提希に告げたまはく、「なんぢいま、知れりやいなや。この三種の業は、過去・未来・現在、三世の諸仏の浄業の正因なり」と。
と観無量寿経に書かれていますように、成仏の行であり、基本的には聖道門の行なのです。
観無量寿経の真意は、定善どころか散善さえもできない悪人のために本願力回向の念仏・信心をあきらかにすることであったのです。
ですから、定善と同様、韋提希は散善をやってはいませんし、やろうともしていません。
スポンサーサイト

タグ : 定散二善

この記事へのコメント
Fです。
先ほど、定善について質問させて頂きました。
散善についても質問させて頂きますので、よろしくお願い致します。

散善については、イダイケは行なっていない、ということに同意いたします。
しかし、それはイダイケが定善の最中(第七華座観の前)に救われてしまったからであって、三福行(散善)が、「成仏の行であり、基本的には聖道門の行」だからという理由ではないのではないでしょうか。

イダイケが空中に阿弥陀仏を拝して救われた後のことが、観経には以下のように説かれています。
「仏にまうしてまうさく、「世尊、われいま仏力によるがゆゑに、無量寿仏および二菩薩を観たてまつることを得たり。未来の衆生まさにいかんしてか、無量寿仏および二菩薩を観たてまつるべき」と。
仏、韋提希に告げたまはく、「かの仏を観たてまつらんと欲はんものは、まさに想念を起すべし。七宝の地上において蓮華の想をなせ。」

ここから華座観が始まりますが、この後、散善三福九品段も含めて、イダイケは実践する立場ではなく、聞く立場になっていたのでしょう。釈尊が「実行しなさい」といわれる相手が、「かの仏を観たてまつらんと欲はんもの」というふうに抽象化されて、イダイケが除かれ、具体的には「仏滅後のもろもろの衆生等」になっていると判ります。

およそ仏教で説かれる善は、三学、四諦、八正道、六度万行、定善、散善三福、いずれであっても、「成仏の行であり、基本的には聖道門の行」です。ですから、私たちに成し遂げることは難しい。難行道といわれる所以です。
 しかし、私たちにできないことを知り抜かれた上で、あえて釈尊が説かれたのは、それらが権仮方便となり、獲信の因縁になるからでしょう。

 したがって、イダイケがどうだったかに関わらず、私たちは散善を実践するように心掛けねばならない、というのが観無量寿経の教えではないでしょうか。
2009/10/14(水) 14:40 | URL | F #-[ 編集]
ここは難しいですね。
安楽の能人(阿弥陀仏)は別意の弘願を顕彰したまふ。
この顕と彰に着目したのが御開山でした。
http://wikidharma.org/4ad5601fb877b
また、善導大師は観経に「一経両宗」
「観仏三昧為宗」
「念仏三昧為宗」
http://wikidharma.org/4ad562bf1a860
が説かれていると仰います。
一経にニ宗が説かれている、などという事はあり得ない事なのですが、
教相で「観仏三昧為宗」が顕れて居る時は「念仏三昧為宗」の立場が隠れる。
「念仏三昧為宗」が彰れている時は「観仏三昧為宗」が隠れるという意味なんでしょう。
だから、観経は「一経両宗」という重層構造を持っているという事が言たいのです。

これは、善導大師が流通分の、
仏、阿難に告げたまはく、「なんぢ、よくこの語を持て。この語を持てといふは、すなはちこれ無量寿仏の名を持てとなり」と。
http://wikidharma.org/4ad1d0ec7d996
から、観経は名号を付属している経典である、と観経全体を流通分から逆観して釈されたからです。
まさに善導独明仏正意ですね。

なお、願海真仮論については下記の六三法門を参照されたし。
http://wikidharma.org/4ad1d01b2c987
2009/10/14(水) 14:55 | URL | 林遊@なんまんだぶつ #n53L/O22[ 編集]
30年近いブランクは大きいのですが、それなりにボチボチ勉強しております。
間違いなどございましたらご指摘下さい。
今後ともよろしくお願いします。
2009/10/14(水) 15:00 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
権仮方便としての要門・定散二善は、いまだ阿弥陀仏の本願を知らない聖道門の人たちに向かって説かれたもので、浄土門に入った人に向かっての教説ではありません。

法然聖人は
つらつら経の意を尋ぬれば、この諸行をもって付属流通せず。ただ念仏一行をもって、すなわち後世に付属流通せしむ。知るべし、釈尊の諸行を付属したまはざる所以は、すなはちこれ弥陀の本願にあらざるゆゑなり。また念仏を付属する所以は、すなはちこれ弥陀の本願のゆゑなり。いままた善導和尚、諸行を廃して念仏に帰する所以は、すなはち弥陀の本願たる上、またこれ釈尊の付属の行なり。ゆゑに知りぬ、諸行は機にあらず時を失す。念仏往生は機に当り、時を得たり。感応あに唐捐(とうえん むなしいこと)せんや。まさに知るべし、随他の前にはしばらく定散の門を開くといへども、随自の後には還りて定散の門を閉づ。一たび開きて以後永く閉ぢざるは、ただこれ念仏の一門なり。弥陀の本願、釈尊の付属、意これにあり、行者知るべし。
(選択本願念仏集 念仏付属章 注釈版聖典七祖篇1273~4頁)
http://wikidharma.org/4ad5677c1c419
と教えておられます。

また、定散二善を説かれた意義について
また定散を説くことは、念仏の余善に超過したることを顕さんがためなり。もし定散なくは、なんぞ念仏のことに秀でたることを顕さんや。

(選択本願念仏集 念仏付属章 注釈版聖典七祖篇1271頁)
http://wikidharma.org/4ad5674511593
と教えておられますので、このご文もお読みください。
2009/10/14(水) 15:19 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。