親鸞教学論叢 村上速水先生喜寿記念

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/18(日)
親鸞教学論叢 村上速水先生喜寿記念(永田文昌堂)が欲しかったのは、掲載論文が興味深いものだったからです。

掲載論文は下記のものです。
失礼な言い方かもしれませんが、執筆陣も錚々たるものです。

蓮如上人に於ける宗祖教義の伝承 村上速水
性相の融不について 赤山得誓
親鸞聖人の経典観について 武邑尚邦
ご再興の意義 稲城選恵
親鸞聖人御己証の法門 加茂仰順
『歎異抄』第二条の問題点 秀野大衍
蓮如上人の『白骨の御文』について 千葉乗隆
悪平等と宿業論 仲尾俊博
元・高祖の念仏教義 渡邉顕正
初期キリスト教宣教師の仏教語理解 日野振作
仏伝における沈黙 北畠利親
現代における真宗者の在り方 信楽峻麿
『他力信心聞書』の一考察 真宗における知識帰命の源流 梯 實圓
「信の一念」ということ 石田慶和
若し道理によらば、これ真宗なり 岩崎正衛
真宗者の人間像 普賢晃寿
隆英歓学述「易行品講録」について 瓜生津隆真
親鸞の念仏論序説 岡 亮二
親鸞聖人の六字釈義 山田行雄
法然とその門弟の本願観(二) 浅井成海
『親鸞伝絵』の構想と夢 寺川幽芳
現世利益和讃の背景 黒田覚忍
覚如と存覚 義絶をめぐる二・三の問題 太田心海
悪人正機説における悪人の概念について(五) 矢田了章
『往生要集』別相観の四十二相について 大田利生
三業惑乱と地方門末の動向 星野元貞
親鸞における本願名號論 山崎龍明
真宗教学の現代的解明 「法身界釈」に関して 藤田恭爾
「正信念仏偈」と「念仏正信偈」 林 智康
「化身土文類」の隠顕釈についての諸説 内藤智康
宗門儀礼の源流 日野和憲
現生十益の理解にみる宗学用語の問題 広瀬龍城
「南无」の読み仮名についての一考察 篠島善映
十劫久遠について 白川晴顕
現代における経典受容の問題 種々の『無量寿経』解釈を通して 村上泰順
親鸞思想と人権 同和問題を中心として 林 信康
左脳の親鸞、右脳の親鸞 清基秀紀
真宗における宗論の研究 浄土宗との諍論概説 深川宣暢
善導教義とその周辺 森田真円
吉崎における信因称報強調の背景 普賢保之
如来廻向の信心 土屋松栄
覚如教学の特質とその背景(二) 鍋島直樹
御文章にみる報恩思想の特徴 安藤光慈

出先ですので、パソコンや回線の環境がよくなく、これだけ書くのもやっとです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。