無量寿経の科文②

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/19(月)
無量寿経の科文を出したのは、次の理由によるものです。

1.親鸞聖人の『無量寿経』からの『教行信証』への引用回数は、藤田宏達氏によると、正引41回、子引(引文中の引用)13回だそうですが、その分布を調べる為。

2.親鸞会の「教学聖典」には『無量寿経』からの出題がありますが、その分布を調べる為。

3.三毒・五悪段(悲化段)は、『無量寿経』の中でも特殊な段で、これまでいろいろ論じられてきています。たとえば「仏告阿難」だったのが急に「仏告弥勒」になっているとか、『如来会』には三毒・五悪段にあたる文がないとか、このブログでもいずれ言及したいと思っています。

以上のことは、ぼちぼちとやりたいと思っています。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。