森の石松どころではないですね

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/24(土)
親鸞会の公式HPの“現代に生きる仏教”に“「雑行」が分からぬのは なぜか”の文が載っていました。
http://www.shinrankai.or.jp/b/gendai/20091020zougyou.htm

私が、10日ほど前に“顕正新聞を読んで”で指摘した論説です。
「阿弥陀仏の本願」と「自力」とが完全に分離した内容だということがお分かりになると思います。
この理屈だと、比叡山で修行をしていても「雑行が出てくる」ことになるのですが、そういうことが全く分かっていないのがこの文章を書いた人です。
親鸞会がもはや浄土真宗でないことがよく分かる文章です。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
確かに親鸞会の教学でさえもこれは間違いでしょうね。普通は誰かが指摘しそうなものですが。
こんな程度のことも間違いだと指摘できる空気でないということですね。
2009/10/24(土) 09:57 | URL | ヒロ #-[ 編集]
すみません。森の石松ってどういう関係があるのでしょうか?
2009/10/24(土) 21:19 | URL | かば #-[ 編集]
浪曲に出てくる
「○○は死ななきゃ直らない」ですね。
2009/10/25(日) 03:05 | URL | Rudel@清水っ子 #tl.z6klY[ 編集]
いつもブログ拝見させていただき、楽しみにしています。
「顕正新聞を読んで」とこのブログにあることが親鸞会の教えで救われない理由と感じます。真宗の教えに似せたもの。救われていないものが教えを説く悲劇と害悪。
○○は死ななきゃ治らない。
○○は死んでもなおらない。
○○につける薬はない。
2009/10/25(日) 07:49 | URL | ペルソナ #-[ 編集]
へー。そういう事ですか。なるほど。
2009/10/25(日) 10:27 | URL | 清水っ子№2 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。