「化身土文類」の意味

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/30(金)
『教行信証を学ぶ -親鸞教義の基本構造-』より
村上速水著 永田文昌堂 ISBN4-8162-5036-0 C1015)

化身土文類」の置かれる意味(P225-)
 「化身土文類」がここにおかれるのには二つの意味がある。第一には近く前の「真仏土文類」に対照する意味であり、第二には遠く「教文類」以下の真実五巻に対応する意味である。第一の意味というのは「真仏土文類」の終わりに「仮之仏土者、在下応知(仮の仏土とは、下にありて知るべし)」とあらかじめ示されたように、光寿無量の真仏に対してここでは方便の化身土をあらわすという意味である。第二の意味とは単に果についてのみならず、前五巻に説く四法(教・行・信・証)に対して、今は方便の行信因果をあらわすという意味である。すなわち真実の教義こそが浄土真宗の本質であるからこれを詳しく説かねばならないが、今は権仮方便の教義であるからこれを一巻にまとめて説かれるのである。そして方便の教義を示すのは、非なるものを簡びすてる意味(簡非)であって、これは阿弥陀仏の本意でないことをあらわして、いよいよ第十八願の真実なることを明らかにする意味である。あたかも白の白たることを説明するために、黒をもち来たって白をきわだたせるようなものである。だから親鸞聖人が方便の教義を示すといっても、これに誘引するためではなく、かえってこれに陥ることを誡められるのである。
 方便とは古来暫用還廃(暫く用いて還って廃す)の意味といわれ、真実に対して誘引をあらわす言葉である。すなわち仏願(弥陀)仏教(釈尊)についていえば、阿弥陀仏が方便の願を設けられ、釈尊がこれを経典に開説されるのは、衆生の根機に応じて誘引される意趣に外ならない。しかし今、親鸞聖人がこれをあらわされるのは誘引のためではなく、仏の本意にあらざることを示してこれを廃捨させるためなのである。このことは前の「真仏土文類」に対して真仮対弁の釈をおかれる意趣が、仮を捨てて真に入らしめんがためであったことでも知られるが、また本巻の内容がそうであって、要門釈の結びには
 此皆辺地胎宮懈慢界業因。故雖生極楽、不見三宝、仏心光明不照摂余雑業行者也
  これみな辺地・胎宮・懈慢界の業因なり。ゆゑに極楽に生ずといへども、
  三宝を見たてまつらず、仏心の光明、余の雑業の行者を照摂せざるなり
とあり、真門釈の結びに
 真知専修而雑心者、不獲大慶喜心。
  まことに知んぬ、専修にして雑心なるものは大慶喜心を獲ず。
とあり、「三宝を見たてまつらず」、「大慶喜心を獲ず」と、要門・真門の失を示されていることなどによって明らかである。
 つまり『教行信証』六巻は、前五巻では真実を直接あらわし(表顕)、第六巻では非なる方便を示すことによって真実をあらわす(遮顕)のであって、全六巻ただ真実をあらわすのみである。したがって坂東本の終わりには第六巻の尾題として「顕浄土真実教行証文類六」と、第六巻も顕真実の書であることを示しておられるのである。

著者紹介(発刊時)
 大正8年1月20日 岡山県生
 龍谷大学研究科(真宗学科)卒
 本願寺勧学 龍谷大学名誉教授
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。