気になっていたことの探索

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/30(金)
親鸞会の教学聖典6-37

問 神に仕えた者の恐ろしい結果を教えられた経文を書け。
答 一度、神を拝んだ者は、五百生の蛇身を受け、現世に福報は更に来たらずして、後生は必ず三悪道に堕す。


「経典」とは何か

参照した文そのものは、たぶん、諸神本懐集(存覚上人)からだと思われます。

諸神本懐集』はそれほどあつくない本で、
最初の方に

 第一には、権社の霊神をあかして、本地の利生を尊ぶべきことを教へ、
 第二には、実社の邪神をあかして、承事の思ひを止むべきこと旨を勧め、
 第三には、諸神の本懐をあかして、仏法を行じ、念仏を修すべき思ひを知らしめんと思ふ。

と書かれ、続いてそれぞれについて述べられています。
問題のところは、
「第二 実社の邪神」についての記述の中に
(中略)
されば優婆夷経には、「一瞻一礼諸神祇、正受蛇身五百度、現世福報更不来、後生必堕三悪道」といへり。この文のこころは、もろもろの神をひとたびも見、ひとたびも礼すれば、まさしく蛇身を受くること五百度、現世の福報はさらに来たらず、後生には必ず三悪道に堕つとなり。
(中略)
神明にうけつかうるもの、この報をうく。如何が、捨てて、弥陀を念じ奉らざらんとなり。まことに現世の福報はきたらずして、かえりて災難を与えん。実社の神に仕えて、一分もその要あるべからず。ひとえに弥陀一仏に付き添いてまもりたまうべきが故に、もろもろの災禍も除こり、一々の願いも満つべきなり。権社の神はよろこびて擁護したまうべし。本地の悲願にかなうがゆえなり。実社の神はおそれて悩まさず(近づかず)。諸々の悪鬼神ををして、たよりをえしめざるがゆえなり。
とあります。
本の最後には

ただねんごろに後生菩提を願ひて、一向に弥陀の名号を称すべきものなり。

と結ばれています。

さて、問題の出典は『諸神本懐集』では『優婆夷経』とありますが、『日本思想大系19』の頭注では「未詳」とあり、現在の大正大蔵経にはありません
現在までに散逸した経典なのか、あるいは偽経なのか分かりません。
大正大蔵経の中では、上記の文はありません

ということで迷宮入りでございます。

内容については浄土真宗の神祇観の問題です。
ここでは取り上げません。
ただ、上の引用を読まれたら、存覚上人が「実社の神」について述べられていることだけは分かると思います。
「都合のいい時の存覚上人だのみ」という感じがします。
親鸞会にとって存覚上人は便利な人なんでしょうか。
都合が悪くなったらポイですけどね。

なお、同じ文が『源平盛衰記』では「或文に云」として出ています。
(これはインターネットで検索すると分かります)
引用している書物は他にもありますので、巷間では伝えられていたのでしょう。

それにしても、素朴な疑問ですが「一切衆生 無間地獄」と「五百生の蛇身を受ける」こととはどういう関係にあるのでしょうか。
スポンサーサイト

タグ : 諸神本懐集

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。