南無阿弥陀仏のこころ(梯實圓師)より

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/06(金)
 南無阿弥陀仏というみ名は、如来様の側からいえば、「我をたのめ、必ず助ける」という本願招喚の勅命をあらわしておりますが、それを頂く私の方からいえば、この仰せによび覚まされて「必ず助けて頂ける」と弥陀をたのむ信心のすがたでもあります。
 昔の学僧はこんな譬でそのこころをあらわされています。
 京の三条の大橋は、東の橋詰から西に向かえば上りの橋だが、西の橋詰から東に向かえば下りの橋になるように、一句の南無阿弥陀仏を如来様のみ言葉として頂けば、必ず助けるの仰せであり、私の方で頂けば、必ず助けるの信心をあらわしている。助けるという本願力が、助かるという信心となって私の上に実現しているからであって、こういうおいわれを、本願力回向の信心というのである。
と仰せられています。
スポンサーサイト

タグ : 梯實圓

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。