逆接の接続語について 具体例

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/07(土)
具体例を出せば分かりやすいかと思います。
ある寿司屋があるとします。
そこの寿司の特徴は「値段は安い」「あまりおいしくない」というものです。

○「あの寿司屋は安いんだけど、あまりおいしくないんだよね」
 この場合は、
 「私はおいしい寿司を食べたいから、あの店には行きたくない」
 という気持ちがくみ取れます。

○「あの寿司屋はあまりおいしくないんだけど、安いんだよな」
 この場合は、
 「私は味にはさほどこだわらない。とにかく寿司を食べたい。しかも安くすんでおなかが一杯になればいい。だからあの店へ行こう」
 という気持ちがくみ取れます。

このように、どちらを先に言うかで、気持ちも行動も変わってくるのです。
スポンサーサイト

タグ : 国語

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。