二種深信についての勉強

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/10(火)
理解するんじゃないと言っておきながら何だ!とつっこみはなし。
信心と教学は別の話です。
ただ二種深信は信心そのもので、これを間違っているとまずいです。
(知らないとまずいということではありません。間違っているより知らない方がいいとも言えます)
というわけで、二種深信について勉強しましょう。
今日のサンプルは

㈱チューリップ企画と田中一憲氏の論戦
【第13回】一念は真実信心の信相 より
次に聖人は、「信相の一念」についてこう教えられている。
「一念と言うは、信心二心無きが故に一念と曰う、是を一心と名づく、一心は則ち清浄報土の真因なり」 (教行信証)
この意味は、「信相の一念」とは「二心無きこと」とも「一心」とも言い、「清浄報土の真因」である、と聖人は云われている。
即ち「信相の一念」とは「二心」のなくなったことだ、と教えていられるのである。
では、「二心」とは何か。
弥陀の本願に対する「二心」であり「本願の疑惑心」のことである。故に「信相の一念」とは、弥陀の本願にツユチリほどの疑心も無くなったことを云う。
弥陀の本願に疑心がなくなれば、弥陀が救わんとなされた者(真実の自己)とはどんな者か、ということと、そんな者を必ず救うと誓われた弥陀の本願真実が、ハッキリと知らされる。
ハッキリ知らされたことを「深信」といわれるから、弥陀の本願に全く疑心がなくなれば、「真実の自己」と「弥陀の本願真実」の二つが同時にハッキリ知らされるのである。これを「二種深信」といわれる。
これでお分かりのように、「信相の一念」とは「二種深信」のことである。
仏法では自己のことを「機」といい、真実の自己を「実機」という。弥陀の本願は真実の「法」だから「真法」とも言う。
二種深信」とは「真実の自己」の「実機」と、「弥陀の本願」の「真法」がハッキリしたことだから、「機法二種深信」とも言われる。然もこれが、同時にあるから「機法二種一具の深信」とも言われるのである。
以上で明らかなように「信相の一念」とは、弥陀の本願に全く疑心がなくなったことであり、「真実の自己」の「実機」と、「弥陀の本願」の「真法」とが同時にハッキリする「二種一具の深信」のことであると、聖人は仰っているのである。

【第14回】機法二種深信とは より
「信相の一念」とは、弥陀の本願に全く疑心がなくなったことである。それは、二つのことがハッキリすることだ。
真実の自己の「実機」と、弥陀の本願の「真法」とである。
真実の自己の「実機」をハッキリ知らされたのを「機の深信」といい、弥陀の本願の「真法」をハッキリ知らされたのを「法の深信」という。
真実の信楽には、この二つの「深信」が同時にあるから「二種一具の深信」と言われることを先回明らかにした。
そこで先ず、「機の深信」でハッキリ知らされる真実の自己とは、どんな者か。善導大師は、こう仰っている。
『一には決定して、「自身は、現にこれ罪悪生死の凡夫、昿劫より已来常に没し常に流転して、出離の縁有る事無し」と、深信す』
いままでも、いまも、いまからも、救われることの絶対にない極悪最下の私であった、とハッキリ知らされた、と仰っているお言葉である。

この中にはいくつかの間違いがあるのですが、決定的な間違いは、
「二種深信」とは「真実の自己」の「実機」と、「弥陀の本願」の「真法」がハッキリしたことだから、「機法二種深信」とも言われる。然もこれが、同時にあるから「機法二種一具の深信」とも言われるのである。
の箇所です。
特に
然もこれが、同時にあるから「機法二種一具の深信」とも言われるのである
が間違いです。
二種深信とは2つのことが同時にあるのではありません。
一つの信心の2つのすがたを示されたものです。


また「機の深信」を
いままでも、いまも、いまからも、救われることの絶対にない極悪最下の私であった、とハッキリ知らされた
と表現しているのも間違いです。
この間違いはすぐには分からない人もいるかもしれませんが、使っている言葉を全く変えずに言い換えますと、
いままでも、いまも、いまからも、極悪最下の絶対に救われることのない私であった、とハッキリ知らされた
となります。
ん?同じでないの?と思う人は何度もよく読んで下さい。

何箇所も出てくる「なくなった」という表現については、先のエントリーですでに述べました。

[補足]
私も勉強不足で、「弥陀の本願」を「真法」という言い方は聞いたことがないのですが、どなたか教えて下さらないでしょうか。
スポンサーサイト

タグ : 二種深信

この記事へのコメント
いままでも、いまも、いまからも、救われることの絶対にない極悪最下の私であった、とハッキリ知らされた

いままでも、いまも、いまからも、極悪最下の絶対に救われることのない私であった、とハッキリ知らされた

上は~という私自身の姿が知らされた
下は~という救われない私が知らされた
上の自己の姿の知らされるのは相対的で、きりがないけど、下の解釈は自力が全くなくなったからこれでお終い。
2009/11/10(火) 19:54 | URL | これでOk? #z.Jczy7U[ 編集]
これでOk?様

これでOk?さんは分かっておられると思いますが・・・
どちらも私のすがたといえばすがたですので、
上はもう少し具体的に、「罪悪」「ありさま」「様態」などと表した方がよいのではないかと思います。
機の深信は自力無功、捨自、捨機を表されたものですから、下の方はその通りですよね。
「信機」と言った場合と「捨機」と言った場合は、「機」の指すものが違うのですが、最終的に意味が同じになるので、通常、信機=捨機とか信機即捨機と教えられているようです。
とにかく「機の深信」の文で、知らされる内容は「出離の縁有ること無し」です。
2009/11/11(水) 04:20 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
教義の上での厳密は分かりました。また、そうでなくてはならないと、思います。ところで、では、たまに、「妙好人的」な、たとえは、無いものでしょうか?妙好人、というのは、決して無学なイメージだけでなく、とても味わいの深いものがあります。このブログでは、教義の正確さを、中心に教えていただきたいと思っております。時々、そんな妙好人と言われる方々のものを引用されても、いいのかな?とか思います。時々でいいです。教義は大事なので、いつも学ばせて頂いております。
2009/11/11(水) 07:19 | URL | 明石 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。