インスタントコーヒーブレイク

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/16(月)
昨日の朝のNHKのニュースで、今ベストセラーになっている外山慈比古先生の「思考の整理学」について取り上げていました。
さっきアマゾンで見てみたら、2位でしたからかなりのものです。
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

買おうかなと思いましたが、昨日のニュースやアマゾンのレビューを見て大体分かりましたので、やめました。
外山先生ごめんなさい。
ここで紹介しますのでお許し下さい。

いずれにせよ考えるということは大切ですよね。

ところで、11月11日に「DABADA ならいいけど DAMEDA こりゃ」と「おしえて」という記事を書きましたが、内容はともかく、題名が「なんだこりゃ」と思った人もいるかと思いますので、少々解説します。

題名及び内容を考えた時の私の頭の中
1.機の深信についての2つの説明文の違いを知って頂きたい。
2.違いが分からない人もいるだろうから。
3.違いが分かる人になってもらいたい。
4.「違いが分かる男の ゴールドブレンド」というCMがある。←インスタントコーヒー
5.曲は「目覚め -DABADA-」
6.違いが分からないとだめだから、DAMEDAとお寒い洒落を一つ。
7.歌っているのは伊集加代さん
8.伊集加代さんと言えばアルプスの少女ハイジのOP「おしえて」
9.「おしえて」を久しぶりに聞いたら、なかなかいいなぁと思った。
となります。
とりあえず、ここまでで1つの記事の題名と、1つの記事の内容を決めました。

このことを友達に話したら、
「そんなこと分かるわけないじゃないぃぃぃ!」
と言われてしまいました。
おっしゃる通りでございます。


でもね、
「あれ?」「ちょっとおかしいな」「どうして?」「なんだこれは」
と思った時に、自分で調べる手間を省いてはいけないんですよ。
「何か深い(かどうか分からないが)心があるんだろう」で済ませてはいけないんですよ。
とも言っておきました。
これが非常に大切なんですね。


さて、記事には書きませんでしたけど、私の頭の中は次のように続きました。
10.「おしえて」の作曲は渡辺岳夫氏
11.渡辺岳夫氏は有名な曲をたくさん作っているけど、「キャンディキャンディ」もその一つ。
12.キャンディキャンディを書いたのはいがらしゆみこ氏
13.いがらしゆみこ美術館が岡山県倉敷市にある。
14.倉敷には知人もいる。
15.倉敷と言えば「クラレ」だけど、クラレに勤めている大学の先輩もいる。
という感じですね。
キャンディキャンディ→堀江美都子さん→水木一郎さんに続く流れもありますが、これは省略。
このあたりはさすがに人格を疑われますので、記事にはしませんでした。
(今書いてしまいましたけど)

NHKで「連想ゲーム」という番組がありました。「クイズタイムショック」や「天才クイズ」(これは中部圏だけのローカル番組)という番組もありました。これらをけっこう見た影響かもしれませんし、古典推理小説を少々読んだからかもしれません。(文庫本になっているクリスティは大体読みました。今は忘れましたけど)

とにかく
考えることを止めてはいけない

と思いますよ。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。