FC2ブログ

加茂仰順師『真宗の御法義』より①

2009/11/17(火)
仰せの勅命を、「はい」と頂いたのです。
どうなるか。往生をとぐるなりです。
わが思いや、わが称えぶりで、往生をとぐると思うのではありません。
助けられて、往生をとぐると、頂くのです。
助けられるのを聞くのです。それを思うて、念仏申すのです。
つまり、信心を獲たしるしは、何にもないが、「タスケラレル」を思うて、念仏申すのです。
スポンサーサイト



タグ : 加茂仰順

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド