「幾たびか お手間かかりし 菊の花」の補足

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/29(日)
ご質問がありましたので、お答えします。

「幾たびか お手間かかりし 菊の花」という加賀の千代女の句は、阿弥陀仏に救われた人が、阿弥陀仏や釈尊、七高僧、親鸞聖人そして次第相承の善知識方のご恩を偲んで作ったものです。
また、「菊」を「聞く」に、「花」を「信の花」にかけてあると思われます。

これで題名と内容が結びついたと思いますが、なぜすぐに結びつかないのか考えますと、この句を「単に菊の花の句」あるいは「倫理道徳・人格形成をあらわした句」と思われていたからではないでしょうか。

千代女は「お手間」と「手間」に「お」をつけていますが、ここも大事です。

会社などの組織の上司がなかなかスキルアップしない部下を見て
「『幾たびも 手間のかかりし 菊の花』だなぁ」
などと言っているとすれば、とんでもない間違いです。
スポンサーサイト

タグ : 加賀の千代女

この記事へのコメント
質問した者です。
よく分かりました。
お答えいただき有難うございました。
2009/11/29(日) 09:46 | URL | 元京都学生部員 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。