慕帰絵詞からの接写

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/01(火)
慕帰絵詞』は覚如上人の伝記です。
覚如上人の次男の慈俊従覚が上人の亡くなられた年(1351年)に作られました。
(1年もたたないうちにできたということです)
その巻十第二段の絵のうち、覚如上人の臨終の場面(上人の病室)が描かれた二十三紙を接写しました。
撮り方が悪いので、ボケていますが、よく見て下さい。

↓右側の横たわっている人が覚如上人
CA390020.jpg
↓上の絵の左側の拡大
CA390021.jpg
スポンサーサイト

タグ : 慕帰絵詞

この記事へのコメント
絵像だ…

「親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人は、いずれも名号のみを本尊とされ、絵像木像は用いなかった」
親鸞会の主張は上記のように極端だから、1つ2つ例外があると負けざるを得ないのです。
また本願寺や各真宗系を攻撃する足場が揺らぎましたね。
2009/12/01(火) 04:54 | URL | 真偽検証 #-[ 編集]
誤解されるといけませんので、申し上げておきますが、浄土真宗の正しい御本尊は御名号です
形像(木像絵像)の本尊も、名号本尊から転化したもので、聖道門の形像本尊とは意味が違います。
あくまでも公式の御本尊は名号本尊ということです。
(主に帰命尽十方無碍光如来の十字名号です)
しかし、「名号のみを本尊とされた」ということではありません。
蓮如上人の裏書のある絵像は36幅現存しています。
一方、蓮如上人が門弟方に下付された名号本尊は数え切れないほどで、一日200幅、300幅書かれたともあり、比較にはなりません。
御一代記聞書にもありますように、浄土真宗における名号本尊と形像本尊の意義をよく知って頂きたいと思います。
繰り返しますが、「名号を聞信する」「不来迎」という点から、名号本尊が浄土真宗の御本尊です。
しかし、それは形像本尊が「ダメ」ということではありません。
2009/12/01(火) 07:03 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
真宗の正しい本尊は名号。
しかし絵像木像はダメということではない。

但し形式に捉われて南無阿弥陀仏の心を頂かないと、阿弥陀仏のご苦労が水泡になってしまうのですね。
2009/12/01(火) 08:50 | URL | 真偽検証 #-[ 編集]
その通りです。
2009/12/01(火) 09:20 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
「絵像をかけている」というだけではなく、そこに三具足で荘厳をしている=本尊として扱っているのもポイントですね
『慕帰絵詞』を調べてみても判ると思いますが、この本はむしろ当時の生活や文化、出来事をかなりしっかりと
描写してる歴史的な資料としての価値が高いとまでいわれるものなので、この絵の信憑性も非常に高いだろうと言われてます

…ということが既に20年前のブックレットサイズの本(西本願寺のもの)で指摘されてるんですけど
こういう情報は目に触れないようにされるんでしょうね…
2009/12/01(火) 10:38 | URL | 通りすがり #17ClnxRY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。