聞かされた世界

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/01(火)
『名號不思議の信心』(加茂仰順師)より

 ときたま耳にすることですが、自分の罪悪がよく知られなければ、お救いは分からんということがときたまあるのです。理屈からすればなるほどと思えないこともありませんが、これは知った世界以外のものではないのです。「知った世界」と「聞かされた世界」はまったく違うものです。真宗は「聞かされた世界」のものです。知った世界は罪悪感を前提とするものですが、この知った世界をどれほど延長しても聞かされた世界には入られません。聞かされた世界は、知った世界の罪悪感に対して信機のすがたをとります。そしてこの信機は信法と二種一具となって、まことの信心のすがたをあらわすのです。

スポンサーサイト

タグ : 加茂仰順 罪悪

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。