薄紙一重

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/02(水)
『名號不思議の信心』(加茂仰順師)より

 あるお同行がその師に向かって「私の胸のうちは薄紙一重が取れかねて困り果てております」とうったえますと、師の仰せには「誰でも、ここまではやっと仕おおせたが、ここで薄紙一重が取れたならばといつも思う。しかし、それは思いちがいである。助かる身になって助かるのではない。助からぬ者を如来様が助けて下さるのである」と。
 この薄紙一重が取れかねるのも、自分で取ろうとするからです。それが取れないのも、取ったら如来から助けてもらうと思うからです。自らで何事かを為し得ると思うからです。如来にたよることが、いかに正しいかを知らないからです。助からない者をこそ助けようとする如来の求めに思い当たらないからです。弥陀のなされるままにせしめられるのが当流です。お三部経のおこころはこれよりほかはないのです。
 私たちの眼からみれば、こんなことでは私というものは救われる筈がないと思われるでしょう。しかし如来の御心には、こんなことというようなものはないのです。


スポンサーサイト

タグ : 加茂仰順

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。