法然聖人の教義概観

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/04(金)
加茂仰順師の『親鸞教学研究』より(若干変更)

第1項 法然聖人の事蹟
法然聖人は崇徳天皇の長承3年(1133年、源信僧都没後116年)
 美作国久米の稲岡に生まれる。
②9歳の時、父の横死に遭い、遺言により出家する。
 15歳の時、比叡山にのぼり、はじめ源光につき学び、(次いで皇円)、
 後黒谷の叡空の門に入る。
③黒谷の報恩蔵にて散善義の文により念仏往生の妙旨を体得し、余行を捨てて念仏一行に帰す。
 (43歳、親鸞聖人誕生後3年)
④後、東山の吉水にて有縁の人々に念仏の教えを説く。
 諸種の難題起こり、遂に念仏停止となり、四国に流される。
 4年を経て帰洛したが、翌年、順徳天皇の建暦2年(1212年)、
 東山大谷にて自寂す。年80。

第2項 著書
①西方指南抄
  法然上人の法語や行状を記す。27章より成る。
②漢語灯録 10巻
  望西樓了慧の編集
   大経釈
   観経釈
   小経釈
   選択集
   往生要集大綱
   往生要集略料簡
   往生要集詮要
③和語灯録 2巻
   三部経釈
   往生大要抄
   念仏往生要義
   七ヶ条の起請文
④一枚起請文
  勢観房源智の請によって臨末に書きのこされたといわれる一枚法語。
  一代仏教の本意を略述し、門弟への遺誡ともなる。
⑤選択本願念仏集
  選択本願の行である念仏について諸師の要文を集め、他力本願のみ心をあらわし、
  念仏一法が超勝であるという選択本願の念仏をあらわしたもので、立教開宗の要典である。
  この書は種々説があるが、建久9年(法然聖人66歳)、藤原兼実公の懇望によって、
  念仏の要文を撰集したものである。
  16章より成り、各章始めに経釈の文を挙げ、後に私釈を加う。
  (1)特に標宗の文 南无阿弥陀仏 往生之業 念仏為本
  (2)三選の文は本集の精髄にして、法然教学の骨目である。
  本集は法然聖人入滅の年(建暦2年)印行出版される。

第3項 教義の大要(以下項目のみ)
 1 浄土宗独立
 2 選択本願念仏
 3 信疑決判
 4 難易勝劣
 5 三選の文


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。