緑色の赤ちゃん

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/07(月)
知っている人は知っているけれど、知っていない人は知っていない「緑色の赤ちゃん」
知らない人のために少し説明します。
(詳しい経緯は省略して、ポイントのみです)

この緑色の赤ちゃんに5m以内に近づいた場合、距離に反比例して自分の身体が小さくなるのです。
計算がややこしいので、5mを4mに変更して始めますと、
 4mで等身大
 2mで半分
 1mで4分の1
 50㎝で8分の1
 25㎝で16分の1(身長160センチの人ならば10センチになるということ)
以下同じ

ということでいつまでたっても赤ちゃんに触ることができないのです。
これはコミックの話ですが、似たような話があります。

 平生元気な時、救われます。
→5年や10年で救われるようなものではありません。
→20年や30年で獲信できるものではありません。(工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工)
→50年位聞いて合点できるようなものではありません。(ォィォィ!)
→人生の目的ではなく多生の目的なのです。臨終に完成すれば万々歳なのです。(臨終っていつだよ)

いやはや。
今日聞いて、今日救われるのが、阿弥陀仏の救いです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。