高森顕徹先生の独言 について ②

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/09(水)
高森顕徹先生の独言 より
http://yaplog.jp/takamori-word/archive/16

(15) 方便
「仏について二種の法身まします。一には法性法身と申す、二
には方便法身と申す。
 法性法身と申すは、色もなし形もましまさず、然れば心もお
よばず語もたえたり。この一如より形をあらわして方便法身と
申す、その御相に法蔵比丘となのりたまいて、不可思議の四十
八願を発しあらわし給うなり」
                   (唯信鈔文意

 無上仏は法性法身といって色も形もない宇宙の真理。
 それでは我々の認識にのらないから、形を現わして方便法身
となり、右の手を挙げて、十方衆生を招喚する、光明無量の智
恵を顕示し、左の手を下げて三世を貫いて堕としはせぬぞの、
寿命無量の慈悲を現わす。
 真実の仏さまは見えないから、見えるようにニセて現われた
のが方便法身である。
 ないものをあるように言うのは「ウソモノ」で論外だが「ニ
セモノ」より「ホンモノ」へ、方便からしか真実へ入れないの
だ。
※下線部は原文では傍点


高森氏の文章の前半は正しいですが、後半の

 真実の仏さまは見えないから、見えるようにニセて現われたのが方便法身である。
 ないものをあるように言うのは「ウソモノ」で論外だが「ニセモノ」より「ホンモノ」へ、方便からしか真実へ入れないのだ。

は間違っています。

これが以前から述べている「善巧方便」と「権仮方便」との混同です。
「方便法身」を「ニセモノ」と言う浄土真宗の人はいないでしょう。
(○価の人なら言うでしょうけど)
この理屈ですと、方便法身の阿弥陀仏を廃捨しなければならないことになり、浄土真宗でなくなってしまうのです。
また、読みようによっては、“真実に入ったならば「法性法身」の阿弥陀仏が分かる”ともとれますので、一益法門に陥る危険性もあります。
スポンサーサイト

タグ : 方便 唯信鈔文意

この記事へのコメント
この「T先生の独り言」はS会のブログなんですか?
2009/12/09(水) 08:31 | URL | エスポワール #-[ 編集]
なるほど、混同しているのがよくわかりました。わざと混同させているのですかね?
しかし、「方便からしか真実へ入れないのだ。」という締めくくり自体、何なのかよく分からないですね。
しまいには、「自力からしか他力へ入れない」とか言ってましたし。一体何なのでしょう。意味不明です。

最近思ったのですが、真仮廃立の説明と理解に自信がないから、こんなことを言い出している
のではないかと思います。
三重廃立の演題のときでも、内外廃立と聖浄廃立についてはやたらと相手をけなして元気よく
話してみえましたが、真仮廃立の話になるとなんだかトーンダウンして他の2つの廃立より
曖昧になっていた気がします。
そこで苦し紛れに、先の言葉みたいなのがひねり出されてくるのでは・・・。
真仮廃立の説法に自信がないなら、いい加減なこと言わずに、自信ないと言ってくれと思います。
一生懸命聞いてる方は騙されてしまいます。
2009/12/09(水) 08:47 | URL | YGM #-[ 編集]
どうなんでしょう?
私はよく分かりません。
ただ、この内容は
『浄土真宗親鸞会 結成四十周年記念 独言』(平成10年発行)
の通りです。
ですから、たとえこのブログが無くても、この言葉は高森氏の言葉であることは確かですよ。
2009/12/09(水) 09:25 | URL | 近藤智史 #mQop/nM.[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。