蓮如上人の精神

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/15(火)
『如来をきく』稲城選恵師の話より

 蓮如さんはね、もう徹頭徹尾けんかは嫌ったんです。ですから、もし蓮如上人がおいでになっていたら、石山戦争は絶対無かったそうです。賢い方ですからね。これは京都大学の赤松という先生がね、歴史の先生が言うてましたね。蓮如上人がおいでじゃったら、絶対に石山戦争は無かったと言うてました。もうどんな理由があろうと、戦争や争いは避ける、避けた御方ですから。これだけ、争いを嫌った方はおらんじゃろう。ですから、他宗・他人に対してもね「路地・大道・関渡り・船中で、はばかり無く仏法を讃嘆してはいけない。」と言われています。こういうことを言うたり、沙汰したりすると、争いの本・争いの種になるからです。反対派がどんな事言うか分からんからです。


 親鸞学徒はこの詩(頼山陽の「抜き難し 南無六字の城」の漢詩)を覚え、縁ある時に吟じ、この史実を人に語れば、尊い仏縁になることだろう。(親鸞会顕正新聞平成21年12月1日号 11面)
 などと石山戦争を賛美している人達がいますが、どうでしょうかねぇ。
スポンサーサイト

タグ : 稲城選恵

この記事へのコメント
会長は軍隊にいましたし、組織も軍隊じみてますから(上司の命令は会長の命令で無条件に服従するとか)、戦いが好きなんでしょう。
なぜ答えぬや法戦見てればわかります。
2009/12/15(火) 20:27 | URL | 真偽検証 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。