他力と自力

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/24(水)
『精読・仏教の言葉 親鸞』
(梯 實圓著 大法輪閣 ISBN4-8046-4102-5)より

 他力とは何もしないことではなくて、真剣に聞法し、念仏し、敬虔に礼拝していることを「如来われを動かしたまう不可思議の徳の現われ」と仰いでいることをいうのであった。念仏を励むことが自力なのではなくて、念仏しないことが自力のはからいに閉ざされていることなのである。また、たまわった念仏を自分が積んだ功徳と誤解していることを自力というのであって、念仏する身にしていただいていることを喜ぶのを他力というのである。それを親鸞は、「他力と申し候ふは、とかくのはからひなきを申し候ふなり」(聖典・七八三頁)といわれたのであった。

------引用はここまで

 この梯和上の本は分かりやすいですよ。
 上の文章などは素晴らしいですね。
スポンサーサイト

タグ : 梯實圓 他力

この記事へのコメント
素晴らしい内容だと思います(^-^)

ところで大法輪閣って懐かしい響きが含まれてますね(笑)
2010/02/24(水) 21:51 | URL | 淳心房 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。