宿作外道

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/31(土)
武邑尚邦氏の『仏教思想事典』(教育新潮社刊)を拾い読みをしておりました。

「苦行」の説明
 もともと、「苦行」とは、インドにおいて生死輪廻と、そこでおこる苦しみからの解放をねがって実行される苦しい修行のことをいう。
 インドにおいて古くから輪廻という考え方が人々の間に定着するようになると、人々はこの輪廻からの脱却を願って、解脱涅槃の境地を求めようとした。思うようにならない、この現実苦が死後においても、永久に続いてゆく、そして人間は未来永劫に苦しみを受けねばならないという思想の中で彼らは苦しんだ。そして、そのような輪廻の苦をたちきろうとして苦行を実行し、死後の生天を願い楽を得ようとの願いをもったのである。
 というのは、現実のこの苦は前生の報いであると考えた彼らは、この過去の結果としての苦を積極的に苦しみ、早くそれを精算して、未来の楽果を求めようとしたのである。このような考えをもった人々を宿作外道と仏教の側からよんでいるが、この人々は世の中には苦と楽とよりほかはないとし、過去の因により。いま苦果をうけたのだから、これを早くなしおえて楽果をえようと期待したのである。
 さて、かれらの実行した苦行がどのようなものであったかについては、経典中にいろいろと伝えられている。たとえば『涅槃経』などの所説である。また『百論』などにも仏教側からするいろいろの説明がなされているが、これらを六種にまとめてみるとことが古来行われている。すなわち(一)自餓(二)投渕(三)赴火(四)自坐(五)寂黙(六)牛狗の六種である。
 まず自餓とは自ら飲食を求めずして、長く飢餓にたえる苦行をいう。投渕とは寒い時期に深い渕に入って、そこで凍りつくような寒さをうけ、それをたえしのぶ苦行をいう。赴火とは身体を酷熱にさらし、その熱悩にたえる苦行をいう。自坐とは常に裸形にして、寒い時も暑い時も、屋外に坐して、その苦を忍受する苦行をいう。寂黙とは屍林や墓場などで生活し、他と全く言葉を語らずして、孤独に堪える苦行をいう。牛狗とは自分は前世に牛や狗の世界であったとして、草を食し、汚物をとって牛狗と同じように生活し、生天を願って苦行することをいうのである。
 これらの種々の苦行を修行して、苦の解消を願って、未来に楽のみの世界を期待したのである。すなわち、このような人々は、人生には苦楽の二面のみがあるとし、その苦の一面をなくしてしまえば、他の楽の一面のみが残ることとなるから、苦痛を自ら継続して受けることによって苦をなくしてしまおうとしたのである。
(以下略)


 なるほど、宿作外道ってこういうのなんですね。
 でも今でもどこかでありそうな気がしました。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
なんというかこの記事の考え方にとても共感できてしまう私は何が間違っているのでしょうか。どっかのだれかが言うところの相対の幸福とやらを否定しつづけて約二十年。気づけば天涯孤独。ひとりも友人のいない欠陥人間が完成しました。文章変ですがこれが私の本音なのです。苦しい。
2010/08/02(月) 01:07 | URL | victims #-[ 編集]
この記事ってお釈迦様が否定された外道のことですよね…
ま、それはともかく、
阿弥陀さまがいらっしゃいますよ。
大丈夫です。
2010/08/02(月) 01:12 | URL | あほうどり #mQop/nM.[ 編集]
victimsさん、まずそのペンネームをどうか変えて下さい。あなたの過去のことは知る由もありませんが、
出来ればもー少し前向きに。
2010/08/03(火) 23:16 | URL | #-[ 編集]
情報を取捨選択出来ない人はネットの回線を切ったほうがよい。

自分が気に入らないからといって他人を変えさせようとするあなたは何様なのか。

だいたいvictimsなんて親鸞会関係での愚痴専用の捨てハンなのにいちいちつっかかってくるなんて大きなお世話。

それはそうとまずはご自分が前向きなハンドル名をつけたらいかがかしら。
たとえば、
everyday_smile_for_you
とか(ちょっと長いか)。
2010/08/13(金) 00:48 | URL | victims #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。