歎異抄第3章「悪人正機」を読む 『歎異抄をひらく』を読む その1

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/19(水)
歎異抄をひらく』(高森顕徹著 1万年堂出版 ISBN978-4-925253-30-7)を読みました。
「はじめに」に「読者諸賢のご批判に待つ。」と書かれてありましたので、「賢」ではありませんが、少し感想を述べます。
もちろん、歎異抄第3章の箇所だけです。

歎異抄をひらく』の中で歎異抄第3章について書かれてあるのは、次の2箇所です。
(原文のみの頁は省略します)
1.第1部『歎異抄』の意訳
   第三章 有名な悪人正機を言われたもの p52-55
2.第2部『歎異抄』の解説
   9 なぜ善人よりも悪人なのか?     p194-202
    「善人なおもつて往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」
    の誤解を正された、親鸞聖人のお言葉

今回は1について述べ、次回、2について言及する予定です。

では早速読んでみましょう。
下段に「原文」、上段に「意訳」となっています。
意訳とありますので現代語訳とは違うのかと思いますが、それはそれとしまして、内容を見てまいりましょう。

まず文字数を数えます。(フォントによってずれますが御了承下さい)
 漢字   157文字
 かな   305文字
 他の字   1文字(「々」)
 句点    12文字分
 読点    29文字分
 括弧記号 10文字分

合計514文字の文章です。(純粋に文字だけですと463文字となります)

私の感想を申します。

文字数の比率で言いますと、99%正しいと思います。

1%間違っているということです。
その1%はどこかというと、
「自力の心をひるがえして」の訳に当たる「弥陀の徹見通りの自己に驚き」というフレーズの中の「自己に驚き」の5文字です。

「自力の心をひるがえして」と「(弥陀の徹見通りの)自己に驚き」は明らかに異なります。
「自己に驚く」とは私達の心のこと(意業)であり、これですと自力で助かることになるからです。
また、驚かなければ助からないとも取れます。
つまり、これを読んだ人は「驚く」ことに目が行きます。
驚こうとするのです。
このままでは20年や30年、50年どころか1億年求めていてもダメです。
驚く心など無いのですから。

先に99%正しいと書きましたが、100点満点の99点ということではありません。
あくまでも文字数で見た時の分量が99%正しいと言ったまでです。

したがいまして100点満点としますと、「捨自帰他」「信疑決判」という最も大事なところが間違っていますので0点です。
「画竜点睛を欠く」とでも申しましょうか。

ちなみに第2部の同じ原文に対する現代語訳は「本願を疑う自力の心をふり捨てて」となっており、こちらは正しいと思います。
第2部の訳をこっちへ持ってくれば、100点近くになります。
(純粋に文章表現のみの問題については考慮しません)

以上が私の感想です。
次回は第2部について述べます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
「自己に驚き」では自力ですね!
驚きました。
2010/04/23(金) 08:40 | URL | alex #-[ 編集]
そうですね。
正確には、自己に驚くことによって往生しようとするのが自力と言った方がいいかもしれませんね。
2010/04/23(金) 10:41 | URL | あほうどり #mQop/nM.[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。