歎異抄第3章「悪人正機」を読む 『歎異抄をひらく』を読む その5

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/20(木)
歎異抄をひらく』(高森顕徹著 1万年堂出版 ISBN978-4-925253-30-7)の読後感想です。
まとめたいと思います。

【これまでの記述のサマリー】
1.「その1」では第1部の意訳についての感想を述べました。
そこでは、「自力の心をひるがえして」の訳が「弥陀の徹見通りの自己に驚き」となっていることを誤りであると指摘しました。

2.「その2」では第2部全体の中で、歎異抄第3章にさかれている量が少ないことを述べました。

3.「その3」では、「テーマ」と「結論部分」がかみ合っていないことを述べました。

4.「その4」では細かい表現について感想を述べました。
 これについては、文中で書いておりますように「重箱の隅をつつく」「アラさがしをする」目的で書いたのではありません。
 一つひとつの例は問題にするようなことではなくても、全体として、型にはめるような方向性があることを指摘しました。
 また、それぞれの例については、読まれた方によっては私と異なる意見をお持ちの方もあるでしょう。そして、「そこまで言わなくてもいいのではないか」「その指摘は的外れだ」と思われたかもしれません。
 例を10列記した理由は上に述べたもので、その点を理解して頂くことをお願いするとともに、不快な思いをなされましたら、この場を借りてお詫び申し上げたいと思います。

 なお、第10例につきましては、大きな間違いであると思います。「その1」とも関連します。

【感想のまとめ】
1.「善悪」の問題と「信疑」の問題を混同しています。
 それが、“自己に驚き”や“ごまかしの利かない阿弥陀仏”、“邪見におごり自己の悪にも気づかぬ、「自力作善」の自惚れ心”などの表現に出ています。

2.上記1と関連することですが、有名な親鸞聖人の「悪人正機」説に関する記述が少ないことは、著者は「悪人正機」についてあまり述べたくないのではないかと思います。
 言葉を変えて言えば、
「どんな悪人でも救われる」「善悪と弥陀の救いは関係ない」などのことはあまり言いたくなくて、
「自分が悪人と気づかないと救われない」→「助かる為に善をするのは間違いだが、気づく為(まで)にはやはり善をしなければならない」という方向へ誘導されているような感じを受けます。
(もちろん、そのようなあからさまな表現はありません)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
大変興味深くよませて頂いております。要するに会長に一定の意図があり
羊を追い込んでいくように読者の思考を狭めていくような書き方がなされているということですね。こうした会長の意図を世間に知らしめるということは大いに有意義なことであると思います。やはりこうした会長の意図を知っているのと知っていないのでは読者のコントロールのされ方等も変わってくると思いますので、(某サイトに悪意の文章が載っていましたが、あれは恐らく会側の人間の意見と思います。)
ぜひ大いに啓蒙をしていただければと
思います。
2009/08/21(金) 14:50 | URL | #-[ 編集]
他者を批判する以上、私も批判されるのは当然と思っております。
それが親鸞聖人の教えが弘まる御縁となれば幸いですし、願わくば獲信される方が出られればと思います。
また、もっと勉強して、分かりやすく説明できるよう努めてまいります。
今後ともよろしくお願い致します。
2009/08/21(金) 19:26 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
なるほど、そういうことだったんですか。平成7年頃、教学講義で「第3章の話はするな」と聞いたことがあったのに、いつからか法話で話され、本にもなったので疑問に思っていましたが、深い御心が知らされた気がします。本当は話したくないけど、宣伝効果があるので、うまいこと利用してやろう、といったところでしょうか。
2010/04/23(金) 08:58 | URL | alex #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。