海外ドラマ編 その1

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/15(木)
恐竜家族(米)

(Dinosaurs)

えっ!そんなドラマは知らないですって!
ちゃんとウィキペディアにも書かれているんですけど。
私もあっという間に48年近い人生を過ごしてしまいましたが、これまで見たドラマの中では、最高傑作の一つと思っているのが、この「恐竜家族」です。
「恐竜家族」で検索してもすぐ出るんですけど、一応便宜の為に参考になるURLを書いておきますね。
http://www.tora-2.com/DINO.HTM
このドラマは、日本でもNHK教育で放送されていました。
私はアメリカでも日本でも見ていました。
(全部を見ていたわけではないですが…)
ウィキペディアの記事や、上のサイトの記事とも重複しますが、ここでも書きます。
このドラマは一見子供向けのようですが、内容はかなり突っ込んだもので、種々の社会問題、政治問題、環境問題、戦争、宗教などを風刺しており、ウィットに富んだ脚本で、100%大人向けです。
(子供が見ても意味が分らないでしょう)
そして問題の最終回は
http://members.jcom.home.ne.jp/enjoy_english/f-dino.html
↑ここを見れば書いてあります。(英語の勉強にもなりますよ)
読めば分るのですが、途中ののせりふを少しアレンジして転記しますね。
「名案が浮かびました。我々のしてることに何の疑いももたず、ひたすら信じてる男を探すんです。わたしらの代わりに喜んでポピー問題の責任をしょってくれますよ。そりゃ、そういう騙されやすい男はなかなかいるもんじゃないんですが、しかし…。(中略)ぴったりの男を見つけました。ハ~アハハハ!」
非常に示唆に満ちた言葉です。
他人事ではないと思います。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
昔友人がすごく面白いと言って誉めてたことがあって、私もたまたま見たことあります。

「恐怖の誕生日」という回で、ラストの意外な解決方法にびっくりして笑えました。

最終回も衝撃的で、こんな終わり方でいいの?という何ともいえない気持ちになったのを思い出しました。
2009/01/16(金) 11:37 | URL | モルモル #-[ 編集]
モルモル様

コメント有難うございます。
これをNHKが放送した時、「NHKもなかなかやるじゃん」と思いました。

ところで、私が本や映画やドラマの話をアップしておりますのは、決して徒然なるままではないので、是非そこから汲み取って頂けましたら、幸いです。

この世のもののすべてが、
私に
「早く信心決定せよ。急がなければ今晩の後生に間に合わないぞ」
と教えてくれていました。
大切なのは求める心なのです。
2009/01/16(金) 11:58 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。