「現代に生きる仏説」を読んで

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/24(月)
親鸞会のHPのコラムに「聞法の決勝点」と題する文章が書かれていました。(H21.8.24)

「仏法は聴聞に極まる」と蓮如上人は道破される。
 では、どこまで聞けばよいのか。聞法の決勝点を親鸞聖人は、こう明示されている。
「仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し。これを『聞』と曰うなり」(教行信証)
「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
「仏願」とは阿弥陀仏の本願。「本願」は「誓願」ともいわれ、お約束のことである。
 約束には必ず相手がある。弥陀の誓願はどんな者を相手に建てられたのか、本願のお目当てを「生起」という。
(以下略)


細かいことはいいとしまして、この文章には大変な間違いがあります。
それは、
「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
です。

後の文章で、
本願のお目当てを「生起」という。
とありますので、これをあてはめますと、
「本願のお目当て」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
となります。
これでは「法」が全く抜けてしまっています。
本来、この親鸞聖人のお言葉は、本願成就文(第18願成就文)の「聞其名号」の説明であり、「聞とは、南無阿弥陀仏のいわれを聞く」ということなのに、いつの間にか「自分の相を聞く」とすり替わっているのです。

もし、多くの人がこのように理解しているのならば、どれだけきいても聞信するということはありません。

仏願の生起・本末を聞きて疑心有ること無し

仏願の「生起」と、仏願の「本」「末」を聞いて全く疑心が無くなった

ということです。
「生起」と「本末」と「疑心有ることなし」の簡単な意味は以下の通りです。
「仏願の生起」-機ー罪悪生死の凡夫であり、出離の縁有ることない私
「仏願の本末」-法ー法蔵菩薩の五兆の願行と、それによって成就した名号のお力
「疑心有ることなし」-無疑の一心ー信楽ー信心

大事なところです。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
仏願の「本」「末」をぬかしても、
あまり、気にしてないのでは。

これだけ自信をもって書いてはいても、結局 おおざっぱにしか教えを理解してないか、気にする感覚も持ち合わせてないか。

一字一句加減してはいけない くらいの慎重さを言ってたと思いますが、
実態は見せ掛けだけのようですね。


2009/08/25(火) 12:09 | URL | たか #mBxDMQRw[ 編集]
たか様

私もにわかには信じ難かったのですが、あれほど明らかに間違えられたので、あえて名指しで書いてしまいました。
2009/08/25(火) 18:15 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
蛮勇というのでしょうか。

私も 会にいたときは、へたな自信に満ちてましたが、

「先生の言われることに間違いがあろうはずはない」

という なんとも根拠のない自信でした。

まさに善知識だのみ でした。

まともな人が 流出する団体。

まともに議論すらできない人が残り、
また聞きの教えを鵜呑みにして、間違いすら気づかない団体。

どんどん ぼろが出てます。

でも、だからこそ ある意味 関心をもって 見ている人も多そうですね。

2009/08/26(水) 00:51 | URL | たか #mBxDMQRw[ 編集]
「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。

 ↓

「仏願の生起・本末」を聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。


こっそりと修正されていました。
「お詫びと訂正」は、ありませんが。
2009/08/26(水) 12:28 | URL | 元会員A #LbYgiPTQ[ 編集]
エントリーで紹介させて頂きます。
2009/08/26(水) 13:06 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。