“「現代に生きる仏説」を読んで”のその後

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/26(水)
元会員Aさんからコメントを頂きました。
http://kondoutomofumi.blog121.fc2.com/blog-entry-91.html#comment170

「仏願の生起」を本から末まで聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。
 ↓
「仏願の生起・本末」を聞いて、疑いの全く無くなった時が決勝点との確言だ。

こっそりと修正されていました。
「お詫びと訂正」は、ありませんが。



なるほど、うまいこと考えましたね。
でもね、これを
「頭隠して尻隠さず」
とか
「恥の上塗り」
とか
「オストリッチ(オーストリッチ=ダチョウ)症候群」(←若干ニュアンスは違いますけど)
と言います。

括弧の位置が右にずれただけ程度の訂正であって、この1文以外の変更はしていないと思われます。
少しは良くなりましたけど、「本末」の説明が全くされていないことは前と同じではないですか!

スポンサーサイト
この記事へのコメント
どちらにせよ地獄秘事ですね…
2009/08/26(水) 15:19 | URL | (;´Д`) #ywUcxBT.[ 編集]
聴聞の「聞」を間違えているのですから、確かに20年や30年聞いても、救われないどうりですね。
2009/08/26(水) 17:51 | URL | 近藤智史 #-[ 編集]
ここに近藤先生が書かれたことによって、親鸞会のサイトが修正されたということは、少なくとも弘宣部員が読んでいるということですね。他にも、親鸞会の教義に対する批判が書かれていますが、読んでおりながら反論できないということは、間違いを認めているということでしょうか?

親鸞会講師部員の脳内では、高森会長の教えが絶対正しくて、お聖教の言葉は、「われわれ凡夫には、正しい意味など判るはずもない」から、まともに読んでいないのかも知れませんね。
2009/08/26(水) 22:11 | URL | 元会員A #LbYgiPTQ[ 編集]
間違い は 人間だから あっても いい と 私は思います。

信心の沙汰 って 私 は 相手の間違いと 自分の間違いを 本音ぶっちゃけ オープンにして 議論しましょうって ことでは ないのでしょうか。

ところが。他の間違いを徹底的に指摘
はするが、自分らは 間違いがあろうはずがない、と非難されたなら自己防衛に終始するのは、みっともないです。器が小さいというか。こそこそ直すのも、内容が外への立派な宣言だけに、書いている人は何者か 何も知らないんでは と 思ってしまいます。


ネット、2チャンネル って 使い方を誤らねば 本当に すばらしい勝縁ですよね。

でも、会は、被害者意識しか もちあわせれないのかな。まあ ことごとく 負けてしまっているから
当然なのでしょうけれど。こんなに実力のない団体だったかと思うと がっかりの気持ちと 怒りの気持ちが湧き上がってきます。

仏法の聞く縁になった ということと  説く人が だからといって善知識とは 限らない。
ということは思考すべきだし、悪知識は 捨てないと、他人事では ありませんよね。



誤りは 誤りで認め、主張することは主張する、大人の議論ができる会になってもらいたいもの。

だって、真面目な会員さんが 思考停止で犠牲者になるなんて。。。

だめですよ。


2009/08/27(木) 07:43 | URL | たか #mBxDMQRw[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。