叢林集

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/31(月)
「疑問に思っていることの途中経過」の「その後」

叢林集を手に入れました。
(和綴じ本、真宗全書)
叢林集 和綴じ本
↑叢林集 和綴じ本
真宗全書 目次
↑真宗全書 目次

叢林集は九巻からなっています。
「第六巻 宿善遇法 第三十八」
に宿善のことが記されています。
ここに書かれているのは、覚如上人と唯善の諍論であって、如信上人と覚恵法師の諍論はありません。

〖ほぼ結論〗
『本願寺なぜ答えぬ』(浄土真宗親鸞会発行)の82頁
「宿善往生を唱えた覚恵法師と、信心往生を立てられた如信上人との、諍論によっても明らかだ」
という記述は間違いである可能性が大変高いです。
つまり誰かが書いたか言ったことを、根拠の裏付けをせずに書いたというのが真相かと思われます。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
 何かを伝えようとしてあるエピソードを引用する場合、それが史実に忠実なのか、史実に忠実ではないが伝承として多くの人に知られているかを踏まえた上で、反論に対する答えを用意した上で引用するのが筋だと思います。
 会長をはじめ、親鸞会のある部署は、孫引き(多くはI師やO師のパクり)を用いて平然と断言してきましたし、断言したことに対して責任を取らず、論点をすり替えて明後日の方向に向けて大砲をぶっ放すのが得意なようです。
 私がダミーサークルに入部した時に脅しとして使われたある有名な人の臨終の言葉は後世の創作やソースのないものだということが判明して更に怒りを覚えています。
 
2009/08/31(月) 22:38 | URL | カウフマン #-[ 編集]
カウフマン氏の言う通りだと私も感じます。
法戦や本願寺との法論などを読んでもそうです、相手に真っ向正面から答えている場合は少なく、
大半は相手の主張、発言を捩曲げていわゆる「藁人形論法」で答えてるんですよね。
これで都合よく「勝った」と内部に宣伝しているわけですから、
大本営も顔負けです。
2009/09/01(火) 02:32 | URL | Rudel #xVchqIBs[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 21世紀の浄土真宗を考える会 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。